社会出知るべき葬儀には、家族の住んでいる場所や故人や遺族の事情でいろいろな葬儀をします。

葬儀の種類

親族に限らず突然の不幸はやってきます。
周りで葬儀や葬式があったときに参列をする上で社会人として最低限知っておいた方がよいことを心得ている必要があります。
特に葬儀の種類は、亡くなられた人や、その葬儀の喪主がどのような宗教なのかにより、葬儀の形式が変わって来ます。

日本で一番多い葬儀は、仏式葬儀で、その次に多いのが神式で通夜祭とか、葬場祭などと表現をしています。
宗派や教会により、随分と葬儀の内容も違いがあるのがキリスト教式のものがあります。
残された遺族が主催して故人の葬儀をする個人葬、故人の配偶者、子供が喪主と施主をするのが最も多いようです。
密葬とは宗教には関係なくして、遺族などの事情と故人の想いなどで、全くの遺族や親しい人だけの少数の人だけで行う葬儀です。

また、家族や特に親しい人のみが集まる家族葬があります。
自然へ散骨する自然葬、自治体に居住している市民葬・区民葬、本人が生存中に行う生前葬があります。

Copyright (C)2014通夜・葬儀 遺族としてやるべきこと.All rights reserved.